Software

MailPeeper

・メールチェッカー

・迷惑メール除去機能付き

 Download  デモ画面

 Vectorの紹介記事

AutoClick

・秒読み自動ボタンクリック

・ホームページのボタンもOK

 Download  デモ画面

 Vectorの紹介記事

Information

 ライセンス登録・送金

 


Copyright (C) 1998- Tea



MailPeeper 最新版情報
開発状況
Ver. 3.31
(2017/2〜3リリース予定)

★次期バージョン開発中です。

・Windows10および4Kモニタ(150%文字)に最適化したアイコンデザインによる表示の改善。(メール一覧ウィンドウの大きいアイコンは廃止)

・マルチパートメールの本文デコード(日本語化)にも対応し文字化け状態を改善。これによってマルチパートメール本文のパターンマッチも可能。

・迷惑メールリストおよびメール一覧が大量の際、起動時などのパターンマッチ処理をマルチスレッドで高速化。

・ファイアウォールソフトで通信が遮断された場合、それがメールサーバーにアクセスできない原因だと気づかないことがあるので、そのことをメッセージで表示。

・メールアカウントの設定で、初期設定にありがちなPOP3サーバー、アカウント名、パスワードの設定ミスがあった場合、接続時にそのことをメッセージで表示。

・パターンマッチのテストで、メール一覧ウィンドウとの同期ボタンのON/OFF状態を記憶。

・パターンマッチのワイルドカードに、%(半角英数記号と一致、ただし空白・改行除く)、¥a(半角英数と一致)、¥d(半角数字と一致)、¥h(半角16進数字と一致)を追加。
使用例: 以下の本文にマッチするパターン: ¥e¥nhttp://%.us/?/¥a/¥d¥n¥e
 英文<改行>
 http://findout.psalute.us/b/25HSGV9/9685363<改行>
 英文

・パターン作成時の照合方法のデフォルト値を、安全のために「一致」に変更。

・迷惑メールのパターンテキスト編集で、アドレスとパターンをテキスト編集できるようにした。例えば、ある迷惑メール設定内容をテキスト形式で知人に送ったり、ブログ等への公開などにも活用できる。

・設定−表示で、迷惑メールリストウィンドウのフォント変更機能の追加。

・メール一覧ウィンドウで選択したメールにマッチするものを迷惑メールリストウィンドウで旗のアイコンを表示。

・各種テキスト編集画面でのUndo/Redoの複数回記録機能を追加。

・異常終了する症状を改善。その他の修正。

Ver. 3.12
(2012/12/9)

Download

・迷惑メールのパターンマッチで、スペースを曖昧に判定する場合に、マッチしないことがある不具合を修正した。
技術情報
  メールヘッダのパターンマッチを併用した例 (送信ドメイン認証の「Received-SPF: softfail」などを活用した迷惑メール削除精度の向上)

ウイルスメールをMailPeeperが削除した場合について (javascript によるトロイの木馬ウイルス添付メールの迷惑メール除去 、無償アンチウイルスソフト「Microsoft Security Essentials」の動作など)

・ 何らかの原因で再起動できなくなった場合、データフォルダ内のファイルをすべて削除して初期状態にする方法があります。(データフォルダの例: C:\Users\XXX\AppData\Roaming\Tea Software Studio\MailPeeper )

旧バージョン・履歴
Ver. 3.11〜3.00  ・迷惑メールエントリのプロパティ設定でパターンのコピー/カット/貼り付け機能は、ボタンを排除して右クリックメニューのみに変更。

・メールサーバーからメール本文取得中にメール内容が原因と思われる受信異常が起きた場合、本文取得を中断するように対応。

・タイトルのエンコード、アイコン表示等の修正。

・メール一覧ウィンドウでダブルクリックにより、メール内容ウィンドウを表示する機能を追加。メールヘッダも表示可。

・パターンマッチでメールヘッダも対象に含めた。

・迷惑メールリストでキーワード検索できるフィルタ機能をツールバーに追加。

・迷惑メールリストで一定期間ヒットせず古くなったものをゴミ箱に入れる機能を追加。

・ワイルドカードに関する一部不具合を修正。メール一覧ウィンドウのツールバーボタンの不具合を修正。

・メール一覧ウィンドウ上で迷惑メールを選択すると、それに同期して迷惑メールリスト上で色付け表示する機能を追加。

・アクセス頻度に「5分おき」を追加。

・メールアカウントのパスワードを暗号化保存する際の暗号化パスワードを指定できるようにした。

・データファイル異常時のリカバリ処理を追加、ファイル読み書きにおけるエラーの発生を低減。

・初回起動時のメールアカウントの設定が不十分だと再起動できなくなる不具合を修正。

・ワイルドカードによるパターンマッチの一部不具合を修正。

・新着メールのマークは、メール一覧ウィンドウを閉じるまで維持するように仕様変更。
(再度メールチェックが機能しても新着マークはついたままです。ウィンドウを閉じる時点で新着マークが消えます)

・メール一覧ウィンドウの右クリックで、メール内容をコピーして迷惑メールパターンのもとを作成、編集する機能を追加。

・パターンマッチで16進数文字コードを指定できる機能を追加。(例: ¥x1b)

・サーバーアクセス速度の向上、およびタイムアウトをなるべく無くした。

・迷惑メールリストが大量の状況で起動時間を短縮(2回目以降)

・メール一覧ウィンドウのフォント変更機能(Windows 7で「Meiryo UI」などが使えます)。

・SSLによる暗号化メール(POP over SSL/TLS)に対応。

・LANの接続感知ポートの選択肢を変更。

・新着メッセージを、なるべく綺麗に表示するよう改善。

・メール一覧ウィンドウでのメール情報表示において、発信者やタイトル、日付などの表示をコンパクトな1行表示に切替できる機能を追加。

・Windows 7 で、管理者特権以外のユーザでは試用期間がすぐ終了してしまう問題を修正。

・迷惑メールリストで、アドレスが % のものは、パターンの羅列も付加して表示。

・Windows Live メールで、メールの右クリック「プロパティ」からの迷惑メール登録に対応。

・Windows 7 へ対応(表示関係、ヘルプファイル)。

・右クリックで迷惑メールリスト に登録する際、メールアドレスで登録するか、本文中に含まれるURLのパターンマッチで登録するかを選択できるように機能追加。

・迷惑メールの本文パターンマッチにおいて、添付ファイルの内容は対象外とすることで起動とメールチェック時の負荷を軽減。

・迷惑メールのパターンのテキスト編集ウィンドウで、本文に含まれる単語を単純な羅列として編集可能な「文字編集モード」に切り替える機能を追加。

・メール一覧ウィンドウでタイトルのないメールはグレーで(無題)と表示。

・プログラムサイズの縮小。ログファイルのローテンション単位サイズの増大

・間違ったメール受信日になるバグ、メール一覧ウィンドウの位置が保存されないバグ、その他修正。

Ver. 2.86
 Download
・Windows 7 未対応版。(XPまで)